看護師が年収を上げる方法

看護師が年収を上げる方法は大きく分けて3つ

登録はこちら≪MC─ナースネット≫

看護師に限った話ではないですが、年収を今よりも上げたいと思っている人は多いでしょう。

 

 

「今よりも月収が1万円だけでも増えたら」
「今の年収400万円を500万円にしたい」
「月収30万円から40万円にしたい」

 

 

看護師が年収をアップさせる方法は大きく分けて3つあります。

 

  • 転職する
  •  

     

  • 正看護師、専門看護師、認定看護師等の資格を取得する
  •  

     

  • 勤続年数を重ねる

 

クリニックだと年収300万円なのが総合病院、大学病院、公立病院だと年収400万円〜500万円という世界が当たり前のようにあります。

 

 

仕事内容や役割に違いがあるといっても、同じ看護師という立場でこれだけ年収が異なると例えばたった5年で500万円〜1000万円もの収入格差が生まれます。これが10年20年とさらに経過していったらどうなるでしょう?

 

 

転職、資格取得、勤続年数を重ねる。看護師が年収をアップさせる3つの方法に関してメリット、デメリットを個別に紹介していきます。

 

転職する

看護師転職サービス、各種求人案内、知り合いによる紹介を使うなどして今の病院よりも給与の高い病院、クリニック、会社に転職してしまうというやり方です。

 

 

転職して年収を上げるという方法の一番のメリットは、何といっても即効性があるという事です。早いです。

 

 

月収25万円(年収300万円)の病院にいたのが、翌月には月収40万円(年収480万円)の病院で働いているということが現実に起こっています。その年収差なんと180万円。これは特殊な例でもなんでもありません。看護師の転職活動において日常的に起きている、ある意味当たり前の現象です。

 

 

勤続年数を上げる、各種資格を取るという方法もあるのですが早さという点でいえば間違いなく転職のほうが早いです。そこで問題になってくるのがどうやって転職するかという事ですね。

 

 

看護師転職サービスを利用、ハローワークに行って求人検索、地域のフリーペーパー・新聞・雑誌で探す、働きたい病院へ直接問い合わせる、知り合いを通じて紹介してもらうといった方法があります。それぞれ長所がありますが、総合的に考えたとき看護師転職サイトを利用するのが一番お勧めです。

 

 

◇転職のメリット:即効性がある。
◆転職のデメリット:転職活動で一時的に面接等で忙しくなる。

 

 

*そうは言っても、あなたに合った方法で転職するのが一番良いでしょうから、それぞれの特徴をまとめてみたのでよろしければ参考にしてください。

 

 

⇒各種転職方法の特徴

 

正看護師、専門看護師、認定看護師等の資格を取得する

看護師が年収を上げるには各種資格を取得するという方法があります。例えば准看護師なら正看護師の資格、正看護師なら専門看護師や認定看護師の資格を取得するといった方法です。

 

 

准看護師から正看護師になれば、月収で2〜3万円ほど変わってくるケースが多いのですが、認定看護師や専門看護師の資格手当は約70%の病院でついていないと言われています。また資格手当がついている病院でも、その手当は月に1万円未満のケースが約70%です。

 

 

医療現場において、認定看護師や専門看護師の資格保持者の存在は年々ニーズが高まっている傾向にあるのですが、その報酬という面でいえばニーズとはかけ離れた実態があるようです。

 

 

しかも、資格取得のために学校に通う必要があり、その期間休職せざる負えないため経済的、時間的になかなか資格取得に踏み切れない現実があります。

 

 

◇資格取得のメリット:ニーズが高いため職場によっては大きな昇給が望める。また転職活動の際有利になる場合がある。
◆資格取得のデメリット:正看護師、専門看護師、認定看護師等の資格取得のために休職して学校に通う必要があるため、経済的・時間的に大きな負担になる。

勤続年数を重ねる

年収を上げる3つ目の方法は勤続年数を重ねるという事です。

 

 

一般的に5年目くらいまでは昇給の幅が大きくそれ以降は下がってくる傾向が強く、また、昇給幅が低いのは規模の小さい病院が多いようです。ただしこれは、病院によりきりです。中には全く上がらないという病院もあるようですので、就職する前にそれとなく確認することをお勧めします。

 

 

これは補足ですが、大きな病院の場合看護師の人数も必然的に多くなるのでそれだけ役職も増えて、勤続年数が長くなればその役職について役職手当を貰える場合も出てきます。役職手当なので、基本給が上がっているわけではないため厳密にいえば昇給という事ではありませんが、勤続年数を重ねて実績を作ることによって得られるメリットと言っていいでしょう。

 

 

勤続年数を重ねるという方法は、堅実な方法ですが当然のことながら5年10年と積み重ねていってようやく得られるものです。しかも、必ず昇給するといった補償は当然のことながら無いことも明記させて頂きます。

 

 

◇給与面において勤続年数を重ねる方法に関してのメリット:堅実である。また、病院によっては勤続年数による実績・経験から役職に就いて役職手当を貰えるチャンスがある。

 


◆給与面において勤続年数を重ねる方法に関してのデメリット:5年10年という時間がかかる。病院によっては昇給・賞与が無い病院もある。


 
看護師給与アップの方法 看護師転職サイト利用の注意点 履歴書作成のコツ